小海キリスト教会 礼拝メッセージ

小海キリスト教会の礼拝メッセージと御言葉を紹介します。。

天の御国が近づいたから

「隠れたところにおられる あなたの父に祈りなさい。」 マタイ6:6 <天の御国が近づいたから> マタイ4:12~17 マタイは、イエス様の宣教開始をバプテスマのヨハネの投獄の知らせと関係づけて記しています。イエス様にとってバプテスマのヨハネは、親…

神の包括的な救済ご意志

「信じない者ではなく、 信じる者になりなさい。」 ヨハネ20:27 <神の包括的な救済ご意志> Ⅰテモテ2:5~17 テモテへの手紙に見られる祈りの特徴は、すべてという言葉です。 2章の1節から7節の間に5回もすべてという言葉が出てきます。この祈り…

死から永遠のいのちへ

「わたしはよみがえりです。いのちです。」 ヨハネ11:25 <死から永遠のいのちへ> ヨハネ11:1~27 私たちは、例外なく、神様を信じている信じていないに関係なく、それぞれがどのように地上で生きてきたか。申し開きをする時が来ます。その時の備…

大胆に恵みの御座に近づこう

「キリスト・イエスは<br> 罪人を救うために世に来られた。」 Ⅰテモテ1:15 <大胆に恵みの御座に近づこう> へブル4:14~16 私たちは、どうして、自分たちだけがこのような試練に直面させられるのだろうか。失望し落胆する出来事に遭遇することがありま…

すべての人のために祈る

「わたしはぶどうの木、あなたがたは枝です。 人がわたしにとどまり、 わたしもその人にとどまっているなら、 その人は多くの実を結びます。」 ヨハネ15:5 <すべての人のために祈る> Ⅰテモテ2:1~4 とりなしの祈りは、キリスト者にとって、教会にと…

立派に戦い抜くために

「わたしがあなたがたを愛したように、 あなたがたも互いに愛し合いなさい。」 ヨハネ13:34 <立派に戦い抜くために> Ⅰテモテ1:18~20 パウロは、実際に主から離れた人々の名を例にあげ、テモテにエペソの教会を牧する者として、同じような事態に…

主の恵み深い取り扱い

「何が主に喜ばれることなのかを 吟味しなさい。」 エペソ5:10 <主の恵み深い取り扱い> Ⅰテモテ1:12~17 テモテは、エペソの教会を牧する中で自分の足りなさや不甲斐なさを覚え、自分の限界を感じ、失望し落胆してたようです。そんな彼を励ますた…

神の愛を追い求め続ける

「ホサナ。祝福あれ、 主の御名によって来られる 方に。」 マルコ11:9 <神の愛を追い求め続ける> Ⅰテモテ1:3~11 エペソの教会には、神の愛を追い求めることをやめ、清い心、健全な良心、偽りのない信仰からそれ、自分の知識欲を満たし、好奇心を満…

主のあわれみに目を向ける

「求めなさい。そうすれば与えられます。 探しなさい。そうすれば見出します。 たたきなさい。そうすれば開かれます。」 ルカ 10:42 <主のあわれみに目を向ける> Ⅰテモテ1:1~2 パウロは、いつも手紙の冒頭にあいさつを記します。テモテへの手紙の…

みことばに親しもう

「必要なことは一つだけです。 マリヤはその良いほうを選びました。 それが彼女から取り上げられることはありません。」 ルカ 10:42 <みことばに親しもう> Ⅱテモテ 3:14~15 パウロは、若いテモテに対し、困難な時代にどう生きたら良いのか。沢山…

神に喜ばれるささげもの

「天の神ご自身が わたくしたちを成功させてくださる。」 ネヘミヤ 2:20 <神に喜ばれるささげもの> ピリピ4:10~23 パウロは、宣教する中で数々の困難を体験し、祈りの中で気づいたのです。「私を強くしてくださる方によって、私はどんなことでも…

神の国の民の責任

「何事でも神のみこころに従って願うなら、 神は聞いてくださるということ、 これこそ 神に対して私たちが抱いている確信です。」 Ⅰヨハネ5:14 <神の国の民の責任> ピリピ4:6~9 パウロは思い煩わないこと、感謝をもって祈ること願うことを勧めてい…

いつも主にあって喜ぶ者となる

「あなたの道を主にゆだねよ。 主に信頼せよ。 主が成し遂げてくださる。」 詩篇37:5 <いつも主にあって喜ぶ者となる> ピリピ4:4~5 パウロは、手紙の最終章において、再び、喜ぶようにと勧めます。 「いつも主にあって喜びなさい。」私たちは、いつ…

主にあって堅く立つ

「あなたがこの王国に来たのは、 もしかすると、 このような時のためかもしれない。」 エステル記 4:14 <主にあって堅く立つ> ピリピ 4:1~3 「主にあって同じ思いになってください。」同じ思いになる。残念ながら地上の教会は、完全ではなく必ず問…

天国民の希望

「ダニエルは穴から引き上げられたが、 彼に何の傷も認められなかった。 彼が神に信頼していたからである。」 ダニエル6:23 <天国民の希望> ピリピ3:17~21 私たちの希望は、どこにあるのでしょうか。地上にでしょうか。それとも、天の御国にでし…

献身と変革   折戸 正義 師

「わたくしたちが仕える神は、 火の燃える炉から、わたくしたちを 救い出すことができます。」 ダニエル 3:17 <献身と変革> ローマ12:1~2 1、あなたをささげなさい。 その条件 ① 「神に受け入れられる」 これは、旧約時代のいけにえ礼拝を前提にしていま…

すでにと未だの間に生かされて

「この世と調子を合わせてはいけません。」 ローマ 12:2 <すでにと未だの間に生かされて> ピリピ3:12~16 ピリピの教会には、すでに完全な者とされたと思い上がっている人々がいたようです。確かに、神様の救いの御業は、完全であり、神様が一度救…

キリストを知った喜びに生きる

「神は霊ですから、神を礼拝する人は、 御霊と真理によって礼拝しなければなりません。」 ヨハネ 4:24 <キリストを知った喜びに生きる> ピリピ3:1~11 ピリピ人への手紙は喜びの書簡を呼ばれるほどなんども喜びという言葉が記されています。パウロ…

神がともにおられる幸い

「主は私たちの王、 この方が私たちを救われる。」 イザヤ33:22 <神がともにおられる幸い> マタイ1:18~25 マタイの福音書を書いたマタイは、福音書の最初と最後にインマヌエルと呼ばれる主がおられることを記しています。神がともにおられることがど…

神に喜ばれる決断

「私のたましいは主をあがめ、 私の霊は 私の救い主である神をたたえます。」 ルカ1:46~47 <神に喜ばれる決断> ルカ1:26~38 救い主の母親として選ばれたマリヤとは、どのように生きた人だったのでしょうか。御使いからメシヤの母となることを告げられ…

主にある幸いな人生とは

「ほむべきかな、イスラエルの神、主。 主はその 御民を顧みて、贖いをなし、 救いの角を私たちのために、 しもべ ダビデの家に立てられた。」 ルカ1:68~69 <主にある幸いな人生とは> ピリピ2:25~30 パウロが心からピリピの教会の兄弟姉妹たち…

神に用いられる器とは

「キリストはただ一度だけ、世々の終わりに、 ご自分をいけにえとして罪を取り除くために 現れてくださいました。」 へブル 9:26 <神に用いられる器とは> ピリピ2:19~24 神に用いられる器となることは、キリスト者にとって魅力的な目標の一つだと…

自分の救いを達成せよ

「まだ若い、と言うな。 わたしがあなたを遣わす すべてのところへ行き、 わたしがあなたに命 じるすべてのことを語れ。」 エレミヤ 1:7 <自分の救いを達成せよ> ピリピ2:12~16 パウロの喜びは、ピリピの教会の兄弟姉妹たちが霊的に大人になり、世…

主に倣う者になる

「主は、・・だれも滅びることがなく、 すべての人が悔い改めに進むことを 望んでおられるの です。」 Ⅱペテロ 3:9 <主に倣う者になる> ピリピ2:1~11 ピリピの教会は、パウロの宣教活動を最初からずっとサポートし続けていた教会でした。しかし、教…

キリストのための苦しみは恵み

「恐れるな。 私たちとともにいる者は、 彼らと ともにいる者よりも多いのだから。」 Ⅱ列王 6:16 <キリストのための苦しみは恵み> ピリピ1:27~30 人間は、苦しみより苦しまないで生きることを自然に選択する傾向があります。パウロも救われる前は…

死からいのちに移されて

「神は高ぶる者には敵対し、 へりくだる者には 恵みを与える。」 ヤコブ 4:6 <死からいのちに移されて> ヨハネ5:24~30 私たちは、驚くべき宣言をイエス様の口から聞くことができます。それは、イエス様を信じる者が将来、永遠のいのちを持つ者とさ…

救いの確信をもつ者になる

「あなたがたは、 召されたその召しにふさわしく 歩みなさい。」 エペソ 4:1 <救いの確信をもつ者になる> ローマ 8:29~30 小海キリスト教会は、毎年、10月の最後の週を宗教改革に関連する主題を選び、みことばを学ぶことを心掛けてきました。宗…

神の目的に仕える

「主を待ち望む者は新しく力を得、 鷲のように 翼を広げて上ることができる。 走っても力衰え ず、歩いても疲れない。」 イザヤ 40:31 <神の目的に仕える> ピリピ1:21~26 パウロの生涯を言い表すとしたらどんな言葉がふさわしいでしょうか。私は…

生きることはキリスト

「私は主の名を呼ぶ。 そのとき、火をもって 答える神、 その方が神である。」 Ⅰ列王 18:24 <生きることはキリスト> ピリピ1:18~21 前回、パウロの投獄を喜ぶキリスト者がいたことを確認し、彼らが党派心から宣教しているとパウロは手紙に記していま…

良くて美しいこと 飯田 仰 師

「私が仕えているイスラエルの神、 主は生きておられる。」 Ⅰ列王 17:1 <良くて美しいこと> マルコ14章1−11節 マルコ第14章の冒頭ではイエス様の敵とイエス様の味方という二つのコントラストが記されています。イエス様に敵対する人たちが今朝の箇所の最…