読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小海キリスト教会 礼拝メッセージ

小海キリスト教会の礼拝メッセージと御言葉を紹介します。。

主に用いられる器

「だれでも自分を高くする者は低くされ、
 自分を低くする者は高くされるからです。」
                                

                     f:id:koumi2016:20160627201619j:plain ルカ18章14節

 

<主に用いられる器>             使途9:10~19

主に用いられたアナニヤは、どのような人物だったのでしょう。22章12節参照。アナニヤは、律法を重んじる敬虔な人でした。これはパウロのようにパリサイ派に属する人であったということではありません。彼は、神様から与えられた律法を重んじ、神様の命令に従って生きていた素朴なユダヤ人だったということです。しかし、ただ律法を重んじていただけの人ではなく、ユダヤ人全体の間で評判の良い人であったと紹介されていることから言葉と行動に偽りがなく、率先して人々の益となること、人々の徳を高めることになることなどを実践していたのでしょう。神様は、そのような人を選び。サウロのところへ遣わされるのです。

では、アナニヤは神様のご命令にどのように応答していったのでしょうか。10~14節参照。神様はアナニヤにサウロのところに行って、彼の上に手を置いて祈ることを命じます。アナニヤは、自分の耳を疑ったことでしょう。どうして、私がサウロのところに行って彼の目を開くために祈らなければならないのか。そんなことをしたらどうなるのか。彼は心配したことでしょう。13~14節参照。
彼の心配は当然のことです。サウロは、キリスト者の敵であり、彼によってどれほど沢山の兄弟姉妹が囚われたか分かりません。サウロの行為によって苦しんでいた兄弟姉妹がいたはずです。アナニヤは、その事実を知らされていました。そのサウロの目を開くことなど正気の沙汰ではありません。目が見えなくなったサウロを助けるなどと考える人は誰もいません。アナニヤもサウロに苦しめられた人たちから恨まれるようなことをしたいとは望まなかったはずです。しかし、神様はアナニヤに神様のご計画を明らかにしてくださいます。15節参照。
アナニヤはその困難な命令に従っていくのです。ここにアナニヤの信仰が現れています。アナニヤは、神様から名前を呼ばれた時、「主よ。ここにおります。」と即答します。旧約聖書にイザヤという預言者が登場しますが、彼も神様から召された時、同じように主に対し、「ここに、私がおります。」イザヤ6:8と応えています。
「ここにおります。」この言葉は、召使いが王の傍でいつも王の命令に従う覚悟ができている人が使う言葉なのです。アナニヤは、その意味で神様の命令であるならばどんな困難な命令であっても、いつでも従う心の備えができている人であったことが分かります。私たちも、アナニヤのようにいつでも神様の命令に従う備えをしていくものでありたいと願います。神様はいつでも行く備えのある人を選んでくださり派遣してくださるのです。
アナニヤは、神様を信頼してサウロのもとに行きます。神様は、ご自身を信頼する者の期待を裏切られるお方ではありません。サウロが変えられたように福音を受け取った人々が変えられることを期待し、勇気をもって神様の命令に従って出て行こうではありませんか。そして、神様が成してくださった御業を共に喜ぶ者になりたいと願います。