読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小海キリスト教会 礼拝メッセージ

小海キリスト教会の礼拝メッセージと御言葉を紹介します。。

罪の本質

「すべての人を照らすそのまことの光が、
 世に来ようとしていた。」                

                  f:id:koumi2016:20160627201619j:plainヨハネ1章9節

 

 <罪の本質>      ヨハネ1章9~13

聖書の教える罪とは何を意味しているのでしょうか。人間がはじめて罪を犯した時の状況に目を向けてみましょう。創世記3章1~6節参照。
このようにして、人間は罪をもつようになりました。神様は、アダムたちが罪を犯す前にアダムに対し、一つの命令を与えておられました。その命令とは、創世記2章16~17節参照。
神様がアダムに与えたたった一つの命令とは、善悪の知識の木からは取って食べてはならないという命令でした。この命令がアダムに与えられたのは、アダムがこの善悪の知識の木を見るたびに、自分は神様からすべての祝福をいただいていることを思い出させ、自分の力で生きているのではなく、神様によって生かされていることを自覚させ、彼を謙遜にし、神様に感謝をささげ、彼を礼拝者として整えるためでした。また、取って食べてはならないと命じられた木が善悪の知識の木と呼ばれていることから、人間にとっての善と悪をお定めになられるお方は神様だけであることをアダムたちに自覚させるためでもありました。しかし、サタンは人を誘惑し、「あなたがたがそれを食べるその時、あなたがたの目が開け、あなたがたが神のようになり、善悪を知るようになると」とささやきます。サタンは、人間が人間としての分を超えて思い上がり、神のようになれると騙し、人間に創造主であられるお方を押しのけて、自分を神として生きよと言って誘惑し、まんまとアダムたちをたぶらかすことに成功します。ですから、アダムたちが善悪の知識の木から取って食べたという行為は、神様に対する反逆行為であり、神などいらない。自分の人生の善悪は自分で判断し、自分で決めることを表明したことになるのです。
よって聖書が教えている罪の本質は、主権者であられる神様に対する反逆であり、神様なしで生きられると考える思い上がりのことです。この罪の問題が解決しないかぎり人間は真の幸福を得ることができません。そして、罪ある人間には自力で罪の問題を解決することができないのです。しかし、光であられるイエス様を心にお迎えすることにより、私たちの心は以前とは比べられないほど明るくされ、さらにイエス様の十字架の血で清められ、大胆に御前に近づくことができる者とされているのです。へブル10:19~22参照。また、毎週、礼拝を捧げることができるということは当たり前のことではなく、神によって生まれた者に許された特権だと聖書は教えています。ヨハネ1:12~13参照。
馬小屋のように暗く、汚い、私たちの心ですがイエス様が共に居てくださることにより私たちの心は、明るくされ、きよめられ、人々が喜んで憩うことのできる幸いなところと変えられていくのです。この素晴らしい福音をまだ知らされていない人々にお伝えするためにも神様との時間を優先し、神様との交わりの喜びを日々、体験する者になりたいと願います。私たちは、いつも接するものに似たものとなります。<br>
ヨハネ1:6~10.Ⅱコリント3:16~18参照。