読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小海キリスト教会 礼拝メッセージ

小海キリスト教会の礼拝メッセージと御言葉を紹介します。。

古い規制と新しい規制

「神こそ、わが岩。わが救い。わがやぐら。
 私は決して、ゆるがされない。」
                                                          f:id:koumi2016:20160627201619j:plain 詩篇 62:2

 

<古い規制と新しい規制>           使徒10:9~23

自分のうちにある偏見によって人を差別していることはないでしょうか。ペテロは長い間、神様が定めた古い規制に従ってきたために、その規制を破ることに対し罪意識をもっていました。神様がイスラエルの民にお与えになった規制の一つに食べ物のことがありました。レビ記11章参照。

イスラエルの民に対する食べ物の規制には、神の民と異邦人との区別を明らかにするという目的とイスラエルの民の健康に対する配慮が含まれていました。神様は、ペテロに食べ物に関する規制が変更されたことを通して、福音がユダヤ人だけでなく異邦人にも開かれたことを教えようとされたのです。10:12~20参照。

ペテロは、異邦人にも福音の戸が開かれたことを幻と聖霊の声を通して知らされることになったのです。私たちも、ペテロと同じように偏見や差別意識に囚われていることはないでしょうか。この人には、福音を伝えたいがこの人には伝えたくない。そのように考えていることはないでしょうか。私たちは、自分が受けた恵みを忘れてはなりません。私たちは、良い人間だったから救われたわけではありません。真面目だったからその生き方の故に救われたわけでもありません。みな同じように目に見えない神様の存在を無視して自己中心に生きてきたものです。ローマ1:20~23参照。

イエス様は、誰に対しても平等に差別されることなく、福音をお伝えになられました。社会から疎外されている人々の所にも足を運ばれ、彼らの友となり、彼らに神様の愛をお伝えになったのです。イエス様の周りには、取税人や遊女や悪霊から解放された人々もいました。社会から汚れた者であるとレッテルを張られている人々に対しても、イエス様は救いの手を差し伸べ、彼らに救われるチャンスを提供していきます。私たちは、どうでしょうか。福音を語る相手を選んでいることはないでしょうか。執り成し祈る対象を制限していることはないでしょうか。私たちの愛は、自己中心なものです。

イエス様は、愛のない私たちを裁くことなく、受け入れ愛しておられます。その事が本当の意味で分かる時、イエス様の愛に応答し、イエス様が喜ばれることを実行する者になりたいという願いが起きてきます。イエス様はすべての造られた者のためにご自身のいのちを捧げられたのです。イエス様が十字架で流された血は、すべての人を完全にきよめます。イエス様がいのちがけで愛されたすべての造られた者に福音を届けること、それが先に救われた私たちに与えられた使命です。

私たちは、「自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい」マタイ5:44参照。との新しい規制に従って、偏見や差別意識を捨て、誰に対しても愛をもって福音を伝える者になることが期待されています。イエス様からいただいた勇気と愛をもって、大胆に福音を人々のもとに運び、与えられた使命を果たす者になれるように互いのために執り成し合い励まし合い福音宣教に努めてまいりましょう。

 

神に喜ばれる生き方

「すべての汚れやあふれる悪を捨て去り、
  心に植えつけられたみことばを、
  すなおに受け入れなさい。」
                                                          f:id:koumi2016:20160627201619j:plain ヤコブ 1章21節

 

<神に喜ばれる生き方>            使徒10:1~8

今日の箇所に登場するコルネリオは、神に喜ばれる生き方を実践していた人です。10:2参照。本当に敬虔な人は、神様を畏れる人です。神様を畏れるとは、不正をしないという事です。すべての事を見ておられる神様を畏れている人は、不正ができません。なぜなら、必ず自分がしたことの報いを受けることになることを知っているからです。コルネリオも、まことの神様を畏れ、神様の御前に罪を悔い改めて生きてきた人だったのでしょう。そうでなければ、彼の祈りが神様に覚えられるはずはありません。そして、コルネリオは、神様から罪を赦された者にみられる特徴が現れた人でもありました。その特徴とは、あわれむ心が与えられるというものです。

私たちは、神様のあわれみを受けています。神様が私たちをあわれんでくださらなければすでに滅ぼし尽くされているはずです。ノアの時代の人々が洪水によって滅ぼされたように、神様の命令に背いたイスラエルの民が荒野で滅ぼされたように、ソドムの人々が滅ぼされたように。ですから、コルネリオは神様から憐れまれていることを自覚し、同じように人をあわれむ者に変えられていたのです。そして、助けを必要としている人々に施しを実行していました。しかも、彼はユダヤ人に対しその施しを実践していたのです。支配する側にいたコルネリオが支配している相手であるユダヤ人を助けることは容易なことではありません。なぜなら、彼の仕えていた皇帝の目があるからです。しかし、コルネリオは、ユダヤ人が信じているところの同じ神様を信じる者となり、同じ主にある兄弟姉妹に必要なものを与えたいという思いが生じてきた為に為政者を恐れずに善行を実践したのです。そして、最後にコルネリオがいつも祈っていた点について考えてまいりましょう。
祈りは、神様が喜ばれる最大のものです。神様は、人間と親しい交わりをもちたいと望まれ、人間を創造されたお方です。しかし、人間は自分の意志で神様の命令に背くことを選択し、その結果、人間は罪人となり、神様との交わりを失うことになりました。神様と人間の交わりを邪魔するものが罪なのです。神様は、その罪の問題を解決するためにイエス様が十字架に架かることを良しとされたと言ってもよいでしょう。イエス様が私たちの罪のために身代わりとなって十字架にかかり罪の罰を受けてくださることにより罪の問題が処理され、神様と人間の霊的な交わりが回復される道が備えられたのです。
コルネリオは、自分の犯した罪を悔い改め、天の父なる神様の喜ばれることを実践し、祈る人に変えられていました。コルネリオは、神様が自分にしてくださったことを感謝して、神様を畏れつつ、神様が命じられることを喜んで実行していたのです。マタイ22:37~38参照。
私たちも、神様の喜ばれる生き方を実践できるように祈りつつ、みことばに従って生きる努力を続けてまいりましょう。神様は、本気でご自身に従う者を喜び祝福してくださいます。

 

生かされている目的

「私が仕えている万軍の主は
 生きておられます。」 
                                                          f:id:koumi2016:20160627201619j:plain Ⅰ列王記 18章15節 

 

<生かされている目的>             使徒9:36~43

タビタは、生前多くの人に仕えていた人でした。 39節参照。タビタの死を悲しむ寡婦たちがぺテロのところに来て彼女が自分たちにしてくれた良いわざについて伝えます。イエス様に出会い、救いに与った人は、自分のために生きる者から主のために生きる者に変えられます。パウロもそうでしたがタビタもそうだったのです。自分に与えられた賜物を活かし、タビタは縫い物をして寡婦の下着や上着を作りプレゼントしていたのです。
神様は、私たちが互いに愛し合い、仕え合う者となることを望んでおられます。タビタは、自分にできることはないかと考え、得意の手芸を活かし、貧しい寡婦たちのために下着や上着を作ったのです。人々は、タビタの姿にイエス様の姿を重ね見たはずです。なぜなら、イエス様は、寝る間を惜しんで宣教し、自分の食事もゆっくりと取る暇もなく、病人や悪霊に憑かれた人々の対応に追われていたからです。イエス様には、いろいろな奇跡を行なう力がありました。その力をイエス様は、自分のために一度も使わずに地上の生涯を全うされたのです。
イエス様は、ただ天の父なる神様の御名が崇められるようになる為に、天の父なる神様が命じられたことだけをなさったと告白しています。私たちも、イエス様に似た者となっていきたいと思うのです。私たちは、救われる以前、自分のためだけに生きてきたはずです。自分の欲望を達成する為に私たちは、懸命に時間や労力を使ってきたのではないでしょうか。そして、その生き方に空しさを感じていたのではないでしょうか。どんなに地位や名誉や財を手に入れてもそれによって人間の心は豊かになることはありません。豊かになるどころか逆に手に入れたものを守る為に必死になり、人に対してあわれみの心を失ってしまうという悲惨な状況となっていきます。私たちは、今自分が死んだら、心からその死を悲しんでくれる人がいると言えるような生き方をしてきたと自信をもって言えるでしょか。私たちは、自分のしてきたことを振り返り、これから何をなすべきか考えたいと思うのです。自己実現も決して悪いものではありません。自分の能力を活かし、社会に対し貢献できることをしたい。それは素晴らしい生き方です。しかし、それらの目的が人からの評価を期待してなされたことであるか。それとも神様に対して神様から受けた恵みに対する感謝の思いから成されたことであるか。その違いは大きいのです。
神様は、私たちが何をしたか、その事自体に関心があるのではなく、その動機に目を留められるお方です。自分に栄光を帰する為にしたのか。それとも神様に栄光が帰されることを望んでしたことなのか。その点をいつも忘れないようにしなければなりません。私たちが生かされている目的は、私たちの生き方を通して造り主であられる神様に栄光が帰されることです。イエス様の愛に応答し、自分を愛するように人を愛する者になれるように祈りつつ、みことばに従って生活していきましょう。