小海キリスト教会 礼拝メッセージ

小海キリスト教会の礼拝メッセージと御言葉を紹介します。。

キリスト・イエスにある者

「あなた方は私に悪を謀(はか)りましたが、
 神はそれを、良いことのための計(はか)らい
 としてくださいました。」

                                     
                f:id:koumi2016:20160627201619j:plain 創世記50:20

 

<キリスト・イエスにある者>     エペソ1:1

 エペソの教会は、パウロが第三回目の伝道旅行をした際に建て上げられた教会です。パウロたちがエペソで宣教した時、パウロたちの宣教を妨害したのは、アルテミス神殿の存在により収益を得ていた人々でした。
使徒19:23~29参照。 エペソの教会の兄弟姉妹は、そのような異教の世界でキリスト者として生きるには闘いの多い環境で生活していたことがわかります。パウロは彼らに誘惑の多い環境でキリスト者として、キリストを信じて生活することの大切さを教えようとしたのです。それは私たちにも当てはまります。
手紙の挨拶文から3つのことを学びましょう。
一つ目は、パウロがエペソの兄弟姉妹を聖徒と呼びかけている点です。
二つ目は、パウロが忠実なエペソの聖徒たちと言っている点です。
三つ目は、パウロがキリスト・イエスにあると言っている点です。
この~にあるという用語は、パウロの独特な言い方で、~と一体であるという意味があります。ですから、キリスト・イエスにあるとは、キリスト・イエスと一体であるという意味になります。私たちは、イエス様を信じた時、イエスにある者、イエス様と一体となったことを覚えましょう。
 私たちは、イエス様を信じる前、アダムにある者たちでした。アダムにあるとは、アダムと一体であるという意味です。アダムと一体であるということは、アダムから受け継いだ罪の性質と肉体の死と霊的に死んだ状態であったことを意味しています。その先にあるものは肉体の死と霊の死、すなわち滅びです。しかし、イエス様を信じたことにより、私たちはアダムにあるものから、キリストにある者に移され、キリストとひとつにされ、キリストの義といのちに与る者となり、霊的にも新しくされ、天の父なる神様との霊的な交わりも回復されました。
 パウロは、この挨拶の言葉をとおしてこれらのことをエペソの兄弟姉妹に改めて思い出させ、彼らがどのような者であるかを自覚させようとしたのです。これは私たちにとっても大切な点です。
 私たちは何のために救われたのでしょうか。どのように生きることが期待されているのでしょうか。その事をいつも自覚し続ける必要があります。そして、何より私たちは主に贖われ、主のものとなった者たちです。ですから、私たちは、何をするにも祈りつつ、天の父なる神様のご意志を求め、イエス様ならばどうされるだろうかと考えてみることが必要です。イエス様が地上でどう生きられたのか。パウロたちがイエス様にならって生活したように、私たちも彼らの生き方にならい、聖い生活を実行できるように努め励む者になりたいと願います。
Ⅰコリント10:23参照

エペソの教会

「正しい人の救いは主から来る。
 苦難のときの彼らの砦から。」

                                     
                f:id:koumi2016:20160627201619j:plain 詩篇37:39

 

<エペソの教会>      黙示録 2:1~7

 2節「わたしは、あなたの行いとあなたの労苦と忍術をを知っている」エペソの町は、異教の一大都市で、キリスト教には不利な町でした。もったいないぐらいの励ましの言葉。イエスさまに知っていていただいているというのは、大きな励ましです。エペソの教会は完壁ではありません。しかし、その小さな教会をイエスさまは知っていてくださる。
 2節「あなたが、悪い者たちを我慢できず、使徒と自称しているが実はそうではない者たちを試して、その偽りを見抜いたことを知っている」。当時、キリストの弟子の一人だと自称しながら、実は異端の人々が小アジアにはたくさんいました。今の世界でもそうですが、それなりの魅力をもって近づく異端の人々を、教会は試して見抜くだけの霊的な洞察力がありました。つまり、イエスさまが彼らをほめているのは、迫害や試練に耐える忍耐力。教えの正しさ過ちを見抜く洞察力。そして世の中と妥協しないまじめな信仰です。それをエペソの教会の人々は持っていると彼らをほめてくださっているのです。しかし、主はエペソの教会に対して、一つの問題を突きつけられました。
 4節。「あなたは、初めの愛から離れてしまった」。エペソの教会は、 信仰の規準をしっかりと保ち、何が正しい教えかという、信仰的な正しさについて、揺らぐところがありませんでした。世の中と妥協しないまじめな生き方をしていました。しかし、イエスさまが、あなたには言うべきことがあると突きつけられた問題は、とても大切なことで、それは、「愛」でした。正しい教えを貫き、まじめな生き方を大切にする教会でした。エペソの教会は、大人の教会です。福音の教えを忍耐をもってよく守ったその面では成熟して分別のある大人の教会でした。パウロ、テモテ、ヨハネが牧会したと言われる程の伝統的な教会です。しかし同時に、教会としての奢りや自信も芽生えていたのかもしれません。いつの間にか頭が頑なになっていきます。知らず知らずのうちに、柔らかく、誰でも受け入れ、どんな機会も逃さずに伝道し、みんなの間に保っていた暖かい「愛」がわからなくなっていったのです。
 イエスさまは、エペソの教会への言葉を通して、私たち小海キリスト教会にも気が付かせてくださいます。永遠に残るものは、伝統ではない、正しさや正論よりも、何よりも信仰、希望、愛であって、その中で最も偉大なものは愛であるということを。私たちは必ず「初めの愛」に戻ることができる。なぜなら、こんなわたしの罪をその身に背負い、それを海の深みに投げ込んでくださった主は、私たちに永遠の愛を願っておられるから・・・。
つまり私たちが悔い改めた時、神さまは私たちの罪を赦すだけではなくて、もうすっかり忘れてくださっているのだと。

光がある間に

「人の歩みは主によって定められる。
 人はどうして自分の道を悟ことができるだろう。」

                                     
                f:id:koumi2016:20160627201619j:plain 箴言20:24

 

<光がある間に>     使徒28:16~28

 人間の心は、長い年月、真理を頑なに拒み続けることにより心が固くなり鈍くなるものです。パウロが福音を伝えたユダヤ人たちも長年、真理を拒んできたことにより心が真理に対し鈍くなっていました。パウロは福音を拒んだユダヤ人たちにイザヤ書のことばを提示します。25~27参照。
「この民の心は鈍くなり」この鈍くなるということばはもともと心が肥え太っているという意味があります。神様の声を故意に聴こうとせず、なすべき真理を知りながら自分の好き勝手なことをし続けることにより、いくら神様のみことばが語られても、それを自分に語られていることとして聴こうとしない心の態度になってしまうことをパウロはイザヤの預言の言葉を引用することでユダヤ人たちに教えようとしたのです。
かつて、イスラエルの民は、神様が遣わした預言者たちを無視し、自分たちの態 度を肯定する偽預言者の言うことには耳を傾け、神様の警告の言葉を語る本物の 預言者を排除した歴史がありました。イスラエルの民の心は、富や快楽や自分の 欲望を追求することで一杯になり、みことばを心に受け入れられない頑なな状態 になっていました。
 それは私たちも同じです。毎週、礼拝の中でみことはが語ら れても、そのみことばを自分に適用しようとしないならば心は頑なになるのです。 そして、みことばに従わない自分と向き合うことを避けるために、神様以外のものに心を集中させるようになります。ユダヤ人は、律法を形式的に守ることに熱心になり、律法の本質である愛を疎かにしていきました。礼拝も、見た目には厳粛さがあり、沢山の犠牲の動物が捧げられていましたが一番肝心な罪の悔い改めが失われていたのです。それは現代も同じです。まだ、主の再臨まで悔い改めるための猶予期間があります。チャンスが与えられている今、私たちは神様に立ち返ることが求められるのです。
 イエス様は言われました。ヨハネ12:35~3 6参照。イエス様が地上におられる間にイエス様はご自身を信じるように人々を招かれました。イエス様が天に昇天された現在、私たちはイエス様が再臨されるのを待ち望んでいます。イエス様が再臨される前に一人でも多くの人が福音を信じ受け入れることができるように私たちは祈り求めなければなりません。闇の中を滅びに向かって歩いている家族や友人や知人の救いのために私たちがなすべきことがあるのではないでしょうか。彼らの救いのために共に集まり本気で祈りましょう。そして、彼らを心から愛することを通して神様の愛を彼らに伝えてまいりましょう。彼らも心の底では、神様の愛を必要としているのです。