小海キリスト教会 礼拝メッセージ

小海キリスト教会の礼拝メッセージと御言葉を紹介します。。

主にある幸いな人生とは

「ほむべきかな、イスラエルの神、主。
 主はその 御民を顧みて、贖いをなし、
 救いの角を私たちのために、
 しもべ ダビデの家に立てられた。」
             
        
                                                f:id:koumi2016:20160627201619j:普通  ルカ1:68~69

 

<主にある幸いな人生とは>    ピリピ2:25~30

 パウロが心からピリピの教会の兄弟姉妹たちに喜びをもって迎え、尊敬するようにと命じたエパフロデトの生涯から主にある幸いな人生とはどのようなものなのか考えてみましょう。
 まず、彼の宣教における役割を確認します。彼は、もともとピリピの教会の教会員であり、パウロがローマで投獄されていた時に、パウロの欠乏を満たすためにピリピの教会から代表して派遣された者でした。彼はローマで投獄されていたパウロに代わり、パウロの身の周りの世話から宣教に必要なあらゆることに関してパウロの手となり足となり精力的に奉仕しその結果、彼は病に倒れてしまったのです。彼をいのちがけの奉仕へと駆り立てたものは何だったのでしょうか。十字架の主のお姿です。イエス様は、いつでもどこでもだれに対しても全力で向き合い、手を抜くことなく、ご自身が天の父なる神様からいただいた愛を人々に注ぎ続けられたお方です。彼もそのイエス様にならう者になろうと務め励んだのです。

 彼のうちにあった主に対する献身の思いが私たちのうちにあるでしょうか。人間の魂が本来の神様のもとに立ち返ること。永遠の滅びではなく、永遠のいのちに生きる者と変えられ、霊的に新しくされた者たちが全身全霊で創造主を心から拝む者になることです。これが最優先されなければならないことなのです。天の父なる神様は、本気で礼拝する者を求めておられるのです。私たちの最大の奉仕は礼拝を捧げることです。これ以上に尊い事は他にありません。サタンは、常に私たちの目を私たちの心をこの世のことに向けさせようと必死になって働いています。これがあれば幸福になれる。あれがあれば心が満たされる。そのためにどんな大きな犠牲も惜しんではいけない。どんなことをしてでも手に入れるようにと惑わします。しかし、それによって得られるものは空しさなのです。
 「主にある幸いな人生を送りたい」と心から願うなら是非、自分にできる奉仕を捜し、自分から積極的に手を上げ、主のために自分に与えられた賜物をお捧げする者になりますと主の御前に立ち上がる者になってください。福音のためにいのちをかけることほど、幸いな人生は他にありません。主はこの驚きと感動に満ちた信仰の世界にあなたを招いておられるのです。勇気を出してこの未知の世界に一歩踏み出し、主の御業を共に見させていただける恵みに与る者になろうではありませんか。

 

神に用いられる器とは

「キリストはただ一度だけ、世々の終わりに、 
 ご自分をいけにえとして罪を取り除くために 
 現れてくださいました。」
             
        
                                                f:id:koumi2016:20160627201619j:普通  へブル 9:26

 

<神に用いられる器とは>    ピリピ2:19~24

 神に用いられる器となることは、キリスト者にとって魅力的な目標の一つだと思われます。パウロが自信をもって推薦したテモテもその器の一人です。では彼はどのような人物であったのか共にみことばから確認してみましょう。
 パウロはテモテのことを自分と同じ心になって奉仕した者であると断言します。パウロと同じ心になる。これはできるようでなかなか出来ないことではないでしょうか。なぜなら、人間には自分の意志があるからです。どんなにパウロが自分より年上であり、人生経験や信仰面において尊敬に値する者であっても意見が異なることが当然あるはずだからです。しかし、テモテはどこまでもパウロの意志を尊重し、パウロが神様から示されたところに全面的に賛成し、自分にできる最善をもってパウロをサポートし続けたのです。パウロは、テモテのうちに謙遜さと従順さを見ることができました。これが教会に仕えるしもべとして一番重要な姿勢です。
 パウロは、第一回伝道旅行で出会ったテモテの教会に仕える姿を見て、彼を二回目の伝道旅行に同伴させたいと考え、本人と家族を説得し、同意を得、宣教に励みます。テモテはパウロの期待に応え、彼を支援し続けます。パウロは、テモテの中に教会に仕えるしもべのあるべき姿を見出したのです。21節参照。
自分自身のことを求めている人は、沢山います。しかし、イエス・キリストのことを求めている人はわずかです。イエス・キリストのことを求める人とは、自分ではなく神様に栄光を帰する人のことです。パウロは、そのことを福音のために奉仕することであると言い換えています。
神様に栄光を帰すること、これはできるようでなかなかできないことです。なぜなら、常に自分の奉仕の動機を確認しなければすぐに奉仕の動機が自分に栄光を帰することになってしまう誘惑があるからです。ですから、奉仕する時にいつも心に覚えるべきことが「これは神の栄光につながるか」です。神に用いられる器と変えていただくために私たちは、いつもこの一番重要な問いを自分に向けて生活し奉仕する者になりたいと願います。
 クリスマスは、神の栄光のために神の独り子であられるイエス様が仕える者となるために地上に来てくださった記念すべき日です。その日に向かって私たちも神の栄光のために日々、主のしもべとなって生き、神に用いられる器と変えていただくことを心から願い、アドベントの時を過ごす者でありたいと願います。
 

自分の救いを達成せよ

「まだ若い、と言うな。
 わたしがあなたを遣わす すべてのところへ行き、
 わたしがあなたに命 じるすべてのことを語れ。」
             
        
                                                f:id:koumi2016:20160627201619j:普通  エレミヤ 1:7

 

<自分の救いを達成せよ>    ピリピ2:12~16

 パウロの喜びは、ピリピの教会の兄弟姉妹たちが霊的に大人になり、世の光として輝くことによって、神に栄光を帰する者になることです。その実現のためになら、彼は喜んで自分が犠牲になることさえも、受け入れると断言します。
 では、どのようにして、私たちは自分の救いを達成できる者に変えられるのでしょうか。達成するとは、最後までやり抜く、やり遂げる、働いてともに生み出すという意味を含んだ言葉です。救いに与った者には、その救いを中途半端で終わらせることなく、その救いの完成を目指して生きることが求められるのです。自分のうちにはじめられた救いの完成を目指して自分に与えられた役割と使命を全うする者になろうという強い決意を抱く者になりたいと願います。
天の父なる神様は、そのように決意する者に聖書を通して志を与えてくださり、聖霊様の力を与え、事を行わせてくださると約束してくださっています。ですから、私たちはこのみことばの約束を信じて、みことばをしっかり握りしめ、聖霊様に示されたことを実行する者に変えられたいと思います。
 いのちのことばをしっかり握るとは、聖書のみことばに対し言い訳せずに従うことです。私たちは、みことばを通して「こうしなさい」と命じられてもなかなか従おうとはしません。自分の言葉や態度をもう一度顧みる者になりたいと願います。本当に幸いな人生を送りたいと願うならば、キリスト者としてなすべき役割を果たさなければなりません。単に、天国に入ることができるという最低レベルの救いで満足するのではなく、父なる神様から天国で大切な役割をまかせていただけるように、地上でどう生きるか。今朝、もう一度自分の人生の目標をどこに置くか決断する者になりたいと思います。
 パウロがピリピの教会の兄弟姉妹たちの霊的な成長を心から願い、とりなし祈り、彼らの成長のためなら自分が犠牲になることも喜んで受け入れると言っているように、私たちも互いの成長を心から願い、共にとりなし祈り合う群れになりたいと思います。それが実現するためには愛が必要です。人間がもともともっている愛ではなく、上から与えられる愛、神様の愛で教会が常に満たされるように共に祈り求める群れでありたいと願います。

 神様は、神の子とされた私たちが自分の救いを達成するために共に務め励む者になることを期待しておられるのです。その期待に応え、共に素直にみことばに従う者に変えられることを祈り求めてまいりましょう。