小海キリスト教会 礼拝メッセージ

小海キリスト教会の礼拝メッセージと御言葉を紹介します。。

救いの宣言

「私たちは
 イエスが死んで復活されたことを、
 信じています。」
              
                

                f:id:koumi2016:20160627201619j:plain Ⅰテサロニケ4章14節

 

<救いの宣言>           ローマromans 4:19~25

義なる神様は、人間の罪を見逃すことができません。罪とは、創造主であられる 神様の存在を無視して自分の生きたいように生きていることです。 罪から来る報酬は死です。ローマ6:23参照。とあるように、義なる神様は、罪に対しては厳しい罰をもって報いるお方です。しかし、義なる神様は、同時に愛なるお方でもあり、人間に無理な要求はなさいません。神様は、罪人である私たちを滅びから救うために、ご自分の愛するひとり子を身代わりに差出し、罪を贖うためのいけにえとなさったのです。そして、イエス様は、罪人である私たちの罪の罰を十字架にかかり、完全に受け尽くしてくださいました。
では、仮にイエス様が十字架に架かられ死んで葬られたままだったとしたらどう でしょうか。きっと自分の罪が本当に天の父なる神様に赦されていることの確信をもつことができないでしょう。ですから、私たちは、自分の罪が赦されたのかどうかを疑う気持ちが起きてきた時にイエス様のよみがえりに目を向けることが必要なのです。イエス様のよみがえりは、天の父なる神様がイエス様の十字架の贖いの死が人類 のすべての罪を贖うのに十分なものであったことの証明として人間に与えられたものです。なぜなら、天の父なる神様がイエス様の贖いのわざに満足されなかったとしたら、イエス様をよみがえらされなかったはずだからです。そして、イエス様がよみがえられなかったとしたら、私たちの罪は赦されることなく、そのまま残ることになります。しかし、イエス様はよみがえられたのです。ですから、私たちの罪がイエス様の流された血の代価によって贖われ、私たちの罪が完全に赦されていることをイエス様のよみがえりを通して確信することができるのです。
私たちは、もう何も,心配する必要はありません。自分の救いを疑わせるようなサタンの声が聞こえてきたとしても、もはやその声に耳を傾ける必要はありません。なぜなら、天の父なる神様は、イエス様の十字架の贖いの死を受け入れられ、満足された故に、イエス様を死者の中からよみがえらされたからです。 私たちに救いの確信を与えるためによみがえられたイエス様とイエス様を死の淵からよみがえらされた天の父なる神様の御業を賛美しつつ救いの確信を新たにし主の御前に歩ませていただきましょう。

広告を非表示にする