読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小海キリスト教会 礼拝メッセージ

小海キリスト教会の礼拝メッセージと御言葉を紹介します。。

生かされている目的

「私が仕えている万軍の主は
 生きておられます。」 
                                                          f:id:koumi2016:20160627201619j:plain Ⅰ列王記 18章15節 

 

<生かされている目的>             使徒9:36~43

タビタは、生前多くの人に仕えていた人でした。 39節参照。タビタの死を悲しむ寡婦たちがぺテロのところに来て彼女が自分たちにしてくれた良いわざについて伝えます。イエス様に出会い、救いに与った人は、自分のために生きる者から主のために生きる者に変えられます。パウロもそうでしたがタビタもそうだったのです。自分に与えられた賜物を活かし、タビタは縫い物をして寡婦の下着や上着を作りプレゼントしていたのです。
神様は、私たちが互いに愛し合い、仕え合う者となることを望んでおられます。タビタは、自分にできることはないかと考え、得意の手芸を活かし、貧しい寡婦たちのために下着や上着を作ったのです。人々は、タビタの姿にイエス様の姿を重ね見たはずです。なぜなら、イエス様は、寝る間を惜しんで宣教し、自分の食事もゆっくりと取る暇もなく、病人や悪霊に憑かれた人々の対応に追われていたからです。イエス様には、いろいろな奇跡を行なう力がありました。その力をイエス様は、自分のために一度も使わずに地上の生涯を全うされたのです。
イエス様は、ただ天の父なる神様の御名が崇められるようになる為に、天の父なる神様が命じられたことだけをなさったと告白しています。私たちも、イエス様に似た者となっていきたいと思うのです。私たちは、救われる以前、自分のためだけに生きてきたはずです。自分の欲望を達成する為に私たちは、懸命に時間や労力を使ってきたのではないでしょうか。そして、その生き方に空しさを感じていたのではないでしょうか。どんなに地位や名誉や財を手に入れてもそれによって人間の心は豊かになることはありません。豊かになるどころか逆に手に入れたものを守る為に必死になり、人に対してあわれみの心を失ってしまうという悲惨な状況となっていきます。私たちは、今自分が死んだら、心からその死を悲しんでくれる人がいると言えるような生き方をしてきたと自信をもって言えるでしょか。私たちは、自分のしてきたことを振り返り、これから何をなすべきか考えたいと思うのです。自己実現も決して悪いものではありません。自分の能力を活かし、社会に対し貢献できることをしたい。それは素晴らしい生き方です。しかし、それらの目的が人からの評価を期待してなされたことであるか。それとも神様に対して神様から受けた恵みに対する感謝の思いから成されたことであるか。その違いは大きいのです。
神様は、私たちが何をしたか、その事自体に関心があるのではなく、その動機に目を留められるお方です。自分に栄光を帰する為にしたのか。それとも神様に栄光が帰されることを望んでしたことなのか。その点をいつも忘れないようにしなければなりません。私たちが生かされている目的は、私たちの生き方を通して造り主であられる神様に栄光が帰されることです。イエス様の愛に応答し、自分を愛するように人を愛する者になれるように祈りつつ、みことばに従って生活していきましょう。