読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小海キリスト教会 礼拝メッセージ

小海キリスト教会の礼拝メッセージと御言葉を紹介します。。

神が愛である所以

 「光はやみの中に輝いている。
  やみはこれに打ち勝たなかった。」
                            

                  f:id:koumi2016:20160627201619j:plain  ヨハネ1章5節

 

 <神が愛である所以>         ピリピ2:1~11

イエス様のことを私たちは救い主と呼びます。では、イエス様は何から私たちを救うために来られたお方なのでしょうか。この地上から戦争を無くすためでしょうか。餓えや貧しさから人々を救うためでしょうか。家族の間に平和をもたらすためでしょうか。いろいろ考えられますが一番の目的は、「罪をもつ人間を滅びから救い出し、罪の力から解放する」ためです。聖書が教える罪とは、目に見えない神様の存在を無視し、自分勝手に自分の生きたいように生きていることです。造られた者が創造主であられる神様から離れ、自分勝手に生きていること自体が罪の本質です。大切な点は、自分と神様との関係です。私たちが自分の基準で自己中心な考えで生きることが「罪の本質」なのです。トラブルの多くは、私たちが神様の命令に従わず、自分勝手な判断で行動することから生じてきます。神様は、自己中心に自分勝手な判断で物事を捉え、滅びに向かって歩んでいる私たちを「正しい道に導くために」神の御子であられるイエス様を地上に遣わしてくださいました。
目に見えることしか受け入れようとしない。自分の考えだけが正しいと先入観や偏見だけで物事を判断しやすい私たちを滅びではなく、永遠のいのちに至る道に導くためにイエス様は私たちの住む世界に来てくださったのです。聖なるお方が義なるお方が無限であり、永遠であられるお方が有限な者となり、穢れ果てた人間の世界に来てくださいました。これは実に驚くべき出来事です。人間の想像を超えた事を神様は、計画され、実行に移されたのです。ピリピ2:6,7参照。
私たちにとって、クリスマスは喜ばしい日でありますが天の父なる神様にとっては愛する我が子が苦しみの人生を歩みはじめた悲しみの日でもあります。なぜなら、イエス様は、全人類の罪の罰を一身に負われるために地上に誕生されたお方だったからです。十字架の苦しみは、人間の想像を遥かに超えたものです。単に、肉体的な苦しみ、精神的な苦しみだけの問題ではありません。イエス様がゲッセマネで血の汗を流され、祈られたのは霊的に孤独な状態とされることを意味していたからです。天の父なる神様から「見捨てられる」という孤独をイエス様は何よりも恐れたのです。
私たちの「救い」は、イエス様の犠牲のうえに備えられたものであることを忘れてはならないのです。私たちが日々、簡単に犯している罪のひとつ一つがイエス様の十字架の苦しみに直結しています。私たちが罪を犯す度にイエス様の手に太い釘が撃ち込まれるのです。本来ならば、私たちが受けなければならない苦しみをイエス様は私たちに代わって受けてくださっています。罪を赦されるということは、その背後にイエス様の犠牲があり、イエス様を地上に遣わされた天の父なる神様の犠牲があることを覚えたいと思います。この「自己犠牲の姿」こそ、神が愛である所以です。私たちに天の父なる神様と子なる神様の自己犠牲の愛を明らかにしてくださった聖霊なる神様に感謝しつつ、クリスマスの日をお祝いいたしましょう。