小海キリスト教会 礼拝メッセージ

小海キリスト教会の礼拝メッセージと御言葉を紹介します。。

エペソ

神の祝福を受け続けるために

「弟子たちの目の前でその御姿が変わった。 顔は 太陽のように輝き、 衣は光のように白くなった。」 マタイ 17:2 <神の祝福を受け続けるために> エペソ4:25 教会が神の祝福を受け続けるために一番大切なことは何でしょうか。 それは一致を保ち続けるこ…

心と霊において新しくされ続ける

「だれでもわたしについて来たいと思うなら、 自分を捨て、自分の十字架を負って、 わたしに従って来なさい。」 マタイ 16:24 <心と霊において新しくされ続ける> エペソ4:17~24 この世界を創造されたお方が存在されることは、造り主の造られた被…

牧師が立てられた理由と目的

「あなたは生ける神の子キリストです。」 マタイ 16:16 <牧師が立てられた理由と目的> エペソ4:11~13 主の教会を共に建て上げるために必要なことは聖書の真理に堅く立つことです。コロサイ人への手紙に当時の様子を知る手がかりがあります。コロ…

牧師が立てられた理由と目的

「信仰の創始者であり 完成者であるイエスから 目を離さないでいなさい。」 ヘブル 12:2 <牧師が立てられた理由と目的> エペソ4:11~13 パウロはエペソの教会の兄弟姉妹に対し、主が立てられた人々がどのような人々であり、その働き人が立てられた理…

主のからだである教会の豊かさ

「あなたがたは、今日のように、 私たちの神、主と心を一つにし、主の掟に歩み、 主の命令を守らなければならないのです。」 Ⅰ列王8:61 <主のからだである教会の豊かさ> エペソ4:7~10 今日は、主のからだである教会の豊かさについて考えてみたいと…

一致の内容と一致の手段

「あなたがたのうちに、知恵の欠けている人がいるなら その人は、だれにでも惜しみなく、 とがめることなく与えてくださる神に求めなさい。 そうすれば与えらます。」 <一致の内容と一致の手段> エペソ4:4~6 今日は、一致の内容と一致の手段についてみ…

召しにふさわしく歩む

「神へのいけにえは、砕かれた霊。 打たれ 砕かれた心。 神よ あなたはそれを蔑まれません。」 詩篇51:1 <召しにふさわしく歩む> エペソ4:1~3 神の召しの目的は、神が選ばれた人々を御国の民とし、キリストのからだである教会にその人を主にある家族とし…

神に栄光を帰する者となる

「あいするものたち、 じぶんでふくしゅうしては いけません。 かみのいかりにゆだねなさい。」 ローマ12:19 <神に栄光を帰する者となる> エペソ3:20~21 創造主を礼拝することは、人間が造られた第一の目的です。生まれながらの人間は、罪をもってい…

キリストの愛を知る者となる為に

「神に信頼し私(わたくし)は何も恐れません。 人が私(わたくし)に何をなし得るでしょう。」 詩篇56:11 <キリストの愛を知る者となる為に> エペソ3:17後半~19 キリストの愛を知るためには、愛に根ざし、愛を基とした生活をしなければならないとパ…

勝利の生活をはじめるために

「人はうわべを見るが、主は心を見る。」 Ⅰサムエル 16:7 <勝利の生活をはじめるために> エペソ3:14~17前半 パウロはエペソ人への手紙の中で二度目の祈りをここに書き記しています。一度目の祈りは、すでに学んだ1:15~19です。パウロは、一度…

落胆しないでよい理由

「ただ、主を恐れ、心を尽くし、 誠意をもって主に仕えなさい。」 Ⅰサムエル12:24 <落胆しないでよい理由> エペソ3:13 人間は落胆する存在です。パウロが投獄されていることは、エペソの教会の兄弟姉妹にとって落胆の材料になるものでした。なぜなら、パ…

大胆に神に近づく者になる

「主よ、お話ください。 しもべは、聞いております。」 Ⅰサムエル3:9 <大胆に神に近づく者になる>エペソ3:12 人間は、生まれられたらに罪の性質をもち、日々の神様の御前に罪を犯し続けています。ですから、その罪をさばけるお方を私たちは恐れてるので…

キリストの測りがたい富

「主は私の羊飼い。 私は乏しいことがありません。」 詩篇23:1 <キリストの測りがたい富> エペソ3:8~11 私たちは、どこに人生の焦点を合わせて生きているのでしょうか。地上の繁栄でしょうか。それとも天でいただける神からの賞賛でしょうか。パウ…

キリストの奥義

<キリストの奥義> エペソ3:1~6 パウロは、三章の冒頭で自分を異邦人のためにキリスト・イエスの囚人となったものであると紹介しています。異邦人のためにとは、どういう意味でしょうか。それは、パウロがユダヤ人からいのちを狙われ続けてきた理由を…

神の御住まいとなる

「もし私たちが自分の罪を告白するなら、 神は真実な方ですから、その罪を赦し、 私たちをすべての不義から清めてくださいます。 」 Ⅰヨハネ1:9 <神の御住まいとなる> エペソ2:20~22 パウロは教会を3つのものに譬えてきました。 一つ目は、神の…

御国の民・神の家族

「信仰によって、人々が七日間エリコの周囲を回ると、 その城壁は崩れ落ちました。 」 へブル 11:30 <御国の民・神の家族> エペソ2:17~19 キリストは、敵対するユダヤ人と異邦人の間の敵意を廃棄するために、神と人間の間に和解をもたらすために、…

キリストこそ私たちの平和

「強くあれ。雄々しくあれ。恐れてはならない。 あののいてはならない。 あなたが行くところどこででも、 あなたの神、主があなたとともにおられるのだから。」 ヨシュア1:9 <キリストこそ私たちの平和> エペソ2:14~16 この地上には争いが絶えません。国…

心にとめて欲しい事

「今、もしあなたがたが確かにわたしの声に聞き従い、 わたしの契約を守るなら、 あなたがたは、あらゆる民族の中にあって、 わたしの宝となる。」 出エジプト19:5 <心にとめて欲しい事> エペソ2:11~13 人間は過去の事を忘れてしまう性質があります。パ…

再創造された目的

「あなたがたは夕暮れには肉を食べ、 朝にはパンで満ち足りる。 こうしてあなたがたは、 わたしがあなたがたの神、主であることを知る。」 出エジプト14:13 <再創造された目的> エペソ2:8~10 今日の箇所の前半は、救われたのは、何によるのかという問い…

救われた後の私たち

「恐れてはならない。しっかり立って、 今日のあなたがたのために行われる 主の救いを見なさい。」 出エジプト14:13 <救われた後の私たち> エペソ2:4~7 パウロは、救いに与った後の私たちの状態を教えています。今日は、3つのことについて確認してまい…

救われる以前の私たち

「その血は、あなたがたのいる家の上で、 あなたがたのしるしとなる。 わたしはその血を見て、 あなたがたのところを過ぎ越す。」 出エジプト12:13 <救われる以前の私たち> エペソ2:1~3 救われた後の状態を正しく認識する最も良い方法は、過去の状態…

キリストのからだである教会

「わたしは主である。」 出エジプト6:2 <キリストのからだである教会> エペソ1:20~23 今日の聖書箇所には、神の全能の力によって御子が死者の中からよみがえられたことが述べられています。そして、よみがえられた御子と教会の関係について教えら…

教会の祈り

「わたしが、あなたとともにいる。 これが、あなたのためのしるしである。 このわたしがあなたを遣わすのだ。」 出エジプト3:12 <教会の祈り> エペソ1:15~19 エペソ人への手紙は、教会とは何かを私たちに教えている大切な書簡です。教会をギリシャ語でエ…

神の栄光がほめたたえられる理由

「主はすべてのわざわいからあなたを守り あなたはのたましいを守られる。」 詩篇121:7 <神の栄光がほめたたえられる理由> エペソ1:13~14 人はどのようにして、神がご計画なさった救いを受け入れることができるのでしょうか。それは、真理のみことばをき…

御国を受け継ぐ私たち

「みことばを行う人になりなさい。 自分を欺いて、ただ聞くだけの者と なってはいけません」」 ヤコブ1:22 <御国を受け継ぐ私たち> エペソ1:11~12 パウロは、これまで過去においてキリスト者が神からいただいてきた恵みについて賛美してきました。人間の…

みこころの奥儀

「まず神の国と神の義を求めなさい。 そうすれば、これらのものはすべて、 それに加えて与えられます。」 マタイ6:33 <みこころの奥儀> エペソ1:8~10 世界のはじまりがあったように世界の終わりも必ず来ます。私たちは、目まぐるしく変化する世の中に生…

救いの土台

「天にいます私たちの父よ。 御名が聖なるものとされますように。 御国がきますように。」 マタイ6:9~10 <救いの土台> エペソ1:7 私たちは、生まれながらに背きの罪の性質をもつ者としてこの地上に誕生します。神様は、最初の人間を罪の性質をもたない完…

神の予定とその目的

「自分の敵を愛し、 自分を迫害する者のために祈りなさい。」 マタイ5:44 <神の予定とその目的> エペソ1:5~6 人間が予定を立てる場合、あらかじめ計画した通りにできない場合があります。しかし、神の予定は、その計画した通りになります。私たちの救いも…

神の選びとその目的

「あなたがたは世の光です。」 マタイ5:14 <神の選びとその目的> エペソ1:3~4 パウロは、祝祷の後に頌栄を書き記します。原文では、3節から14節までが 一つの文章になっています。パウロは、神様に対する賛美を3節から14節まで一気に書き記したのです。パ…

恵みと平安があるように

「心の貧しい者は幸いです。 天の御国はその人たちのものだからです。」 マタイ5:3 <恵みと平安があるように> エペソ1:2 パウロはあいさつの後、祝祷を書き記しています。礼拝の最後に牧師が祝祷を捧げます。主イエス・キリストの恵みがあるように、父な…